大泉洋が北川景子をビンタ!?!「探偵はBARにいる3」予告が気になる!

おおお、「探偵はBARにいる3」やるんですね。
いやあ、久々だなあ。
この予告編気になりますね。


楽して美ボディ、美姿勢!

Micaco(ミカコ)監修 骨盤ビューティー「コアスリム プレミアム」【フジテレビ『ノンストップ!』いいものプレミアムで紹介】



 [映画.com ニュース] 大泉洋と松田龍平がコンビを組む人気シリーズ最新作「探偵はBARにいる3」の予告編が、このほど完成した。主人公の探偵(大泉)がヒロイン・マリ(北川景子)をビンタするなど、衝撃シーンのオンパレード。「薬物取引」「裏切り」「ロシアンルーレット」「生きて帰れ」など過激な文言が躍り、ファンの期待を煽る仕上がりになっている。【動画】「探偵はBARにいる3」予告 北海道・札幌の歓楽街ススキノを拠点とする探偵の活躍を描くハードボイルド劇。2011年に第1作「探偵はBARにいる」、13年に第2作「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」が封切られており、実に4年ぶりの新作となる。探偵と高田(松田)は、売春組織から失踪した女子大生(前田敦子)について調べる過程で、モデル事務所の美人オーナー・マリと出会う。そこへ冷酷非道な裏社会の住人・北城(リリー・フランキー)が立ちはだかり、予想だにしない大事件へと巻き込まれていく。

 予告編は、探偵と高田が「おまえ、なんで無傷なんだよ」「……キャラじゃないか?」と、とぼけた会話を繰り広げる様子からスタート。今回の依頼はありふれた“人探し”のはずだったが、謎の男・波留(志尊淳)の一撃により、無敗を誇っていた高田が打ちのめされ、コンビは窮地に陥っていく。

 さらに探偵が、北城に「残り3発。3分の1だ」とロシアンルーレットを強いられるひと幕も。一方でマリは銃を振りかざし「やるしかないのよ!」と悲痛な叫びを上げ、「とにかくやばい! 猛烈にやばい!!」と慌てふためく探偵は、高田に「おまえは降りろ」と別れを告げる。そして最後は、「その【真相】は、あまりにも切ない」というコピーと、探偵が涙を浮かべる姿で締めくくられている。

 「探偵はBARにいる3」は、12月1日に全国公開。なお10月7日から前売り鑑賞券が発売される。