日大問題で衝撃の中間報告で内田逮捕はあるのか?

やっぱりというか、なんというか。
しかし、この問題の終着点はどこにあるんだろう。

暑い日に小川に足を浸した時のような冷たさ

敷きパッド 冷却マット ひんやり敷きパッド 送料無料 90×140cm ダブル 接触冷感 敷きパット 敷パッド 敷パット ひんやりマット 冷感敷きパッド 接触冷感敷きパッド 冷感マット クールマット 涼感寝具 夏用寝具





 日大アメフト部の悪質タックル問題が急展開だ。日大が原因究明に向けて設置した第三者委員会(勝丸充啓委員長)が29日、都内で会見。中間報告で内田正人前監督と井上奨前コーチが、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したと認定。両氏の弁解は「信用できない」と斬って捨て、日大が組織的に口封じ工作を働いていたことも認めた。警視庁による捜査への影響は必至だ。

 元検事で刑事事件に詳しい落合洋司弁護士が言う。

「第三者委は公正中立な立場で調査報告する立場とはいえ、日大の依頼を受けた雇われの身。にもかかわらず、ここまで厳しい評価を下したのは、内田氏サイドをかばう余地がないほどクロだったということでしょう」

 中間報告は詳細かつ衝撃的な内容だ。5月6日の試合前日には、相当数の部員が宮川選手が悪質タックルをする情報を把握。関学大部員が負傷した直後、井上氏が内田氏に近寄って「宮川がやりましたね」と声をかけると、内田氏は「おお」と応じたという。

 マスコミ報道などで騒動となってからの日大側の対応も悪質そのもの。

 試合から8日後、内田氏の指示を受けた井上氏が宮川選手をはじめとする関係部員を呼び出し。日大関係者が「タックルが故意に行われたものだと言えばバッシングを受けることになるよ」などと圧力をかけ、内田氏の関与を否定するよう求める口封じを画策。その2日後も日大の事情聴取を控えた部員数人に同様の要求をし、もみ消しに動いたという。

 中間報告は、問題発生の背景として内田氏と井上氏の人物像についても言及。内田氏をこう評した。

〈平成29年復帰以前の第一次監督時代、自己の意向に沿わないコーチに激しい暴力を振るって大怪我をさせたり、選手に対する暴力を伴う指導(いわゆる鉄拳制裁)を拒否するコーチを辞任に追い込んだりするという暴力体質〉

 井上氏についてはこうだ。

〈強大な権限を有する内田氏の意向には万事無条件で服従する傾向にあり、周囲には内田氏のお付きないし小間使いのような存在と認識されていた〉

 今後の焦点は傷害の共謀共同正犯や教唆犯に、2人を問えるのか、だ。

「第三者委は事実関係を相当に解明し、内田氏と井上氏の責任を問うていますが、あくまで指導者やスポーツマンシップの範囲。犯罪行為として両氏を追及しているわけではありません。被害を受けた関学大選手側から両氏に対する告訴状を5月末に受理した警視庁は、関係者の聴取を重ね、裏付けを進めているところでしょう。指示内容を記録した音声データや、メールなどの有力な物証が出てくれば大きな弾みがつく。第三者委の最終報告を受け、9月以降に動きがあるでしょう」(落合洋司氏)

 第三者委は7月下旬に最終報告を行う予定だ。内田氏と井上氏は首を洗って待っていた方がいい。