「高嶺の花」主演の石原さとみ、峯田和伸のラヴ・ミー・テンダーに涙

石原さとみさんの新しい主演ドラマ「高嶺の花」。
NHK朝ドラにも出てた峯田和伸さんがお相手約なんですね。
格差恋愛の話のようですが、どんな展開になるのか楽しみ。








 女優、石原さとみ(31)が3日、東京都内で行われた日本テレビ系主演ドラマ「高嶺の花」(水曜後10・0、11日スタート)の記者会見に共演の峯田和伸(40)らと出席した。

 美貌やキャリアなどすべてを兼ね備えた名門華道家(石原)と自転車店店主(峯田)との“格差恋愛”を描いた物語。

 会見では峯田が同ドラマの主題歌でエルビス・プレスリーの名曲「ラヴ・ミー・テンダー」をギターの弾き語りでサプライズ披露。石原は目に涙を浮かべながら「感動です。初めて聴きました。ラブシーンができそうです!」と感激し、「怒涛(どとう)の展開なんですが、とても密になっていくので今、(峯田の)色っぽい一面を見てドキドキしました。撮影が楽しみです」と気合十分。峯田は「いつもの自分のライブより緊張しました」と照れくさそうに笑った。

 ほかに共演の芳根京子(21)、千葉雄大(29)らが出席した。