イモムシとケムシの図鑑が売れているんだって!

昆虫図鑑は子供にも人気で、友達の子供も遊びに行くと持って来て見せてくれる。 しかし、いまこんな本が売れているだそうで。 イモムシとケムシ(笑) すごいなあ。 怖いもの見たさだろうか。 ちょっと見てみたい気もする。

続きを読む

ワールドカップサッカー欧州勢が4強

いよいよ今日の夜中に準決勝ですね。 残ったのは全部ヨーロッパ。 個人的にはベルギーに優勝して欲しいなあ。  サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は、大詰めを迎えた。優勝争いはフランス、ベルギー、クロアチア、イングランドの欧州勢4チームに絞り込まれた。南米、北中米、アジアからも、計5チームが16強による決勝トーナメントに進み、ネイマール(ブラジル)やメッシ(アルゼンチン)といった能力の高い選手を擁するチームもあったが、全て姿を消している。欧州勢の4強独占は、なぜ起きたのか。(読売新聞メディア局編集部・込山駿)           【写真で見るW杯ハイライト】 ベルギーのルカク(中央)が、日本の吉田(右)と長谷部(左)と激しく競り合う=稲垣政則撮影 ヘディング勝負は欧州に一日の長  4強の各チームは決勝トーナメントで2試合ずつを戦い、計17点を奪った。このうち、ヘディングで決めたゴールが7点あり、特にイングランドとクロアチアは、ともに3得点中2点を占める。ベルギーも、日本に逆転勝ちした1回戦は1、2点目がヘディング。6得点のうち1点だけだったフランスにしても、ウルグアイとの準々決勝の先制ゴールという勝負どころの得点がヘディングだった。  では、4強に敗れた各チームが空中戦を諦めて足技で対抗していた…

続きを読む